« ホフディラン春のベース祭り | トップページ

2012年4月 9日 (月)

plentyの野音

4月初旬の野音ははじめてではなかった。真心とフラカンの野音は4月だった。

でも、今回のplentyはジッと聴き入るライブだからとにかく寒かった。

なんか荒行みたいな感じだった。でも、野音会場全体がステージから放たれた音に、歌に完全に吸い寄せられてしまっている。

本当に聞き逃すことができなくなる感覚がplentyのライブにはある。

彼等のライブは楽しむために行くというか、江沼くんから何か受け取りに行く、そんな感じ。うまく言えないけど。

受けとって、いろいろ考えさせられる音楽だなぁ。本当にはっとすることを言うから。

江沼くんはMCがまとまんなくて、へたくそですが、そこが良い(笑)息抜きになるから!
うまくならなくて良いです。

「野音でやるのが楽しみだったけど、楽しみがなくなるのがヤダから、今日はライブやりたくなかった!」と言ったのがおもしろかった。



|

« ホフディラン春のベース祭り | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホフディラン春のベース祭り | トップページ