« CDJ07/08総括3 | トップページ | クラムボンという生き様 »

2008年1月13日 (日)

東京に世話になっている沖縄人としてはずかしくないように。

今年最初のライブは9日、武道館でCocco。

2DAYSの初日、バンドスタイルの日。(行ってないけど翌日はアコースティック)

Coccoは非常にキレイだった。歌の途中でときおりバレリーナの様に

踊る、そのしなやかな姿といったら!

Way Out→けものみちの激しい轟音ダークサイドの流れが超かっこよかった。

かと思えばタイムボッカーン!ではタオルをお客さんに振り回させてニコニコ~

さっきまで腫れあがる頭を抱えてーとか私に刃をーとか歌ってたのに(笑)

その昔の曲と今の曲の両極端がどちらもしっくりなじむようなライブに

なってきたなあと思った。私はどっちの感じも好きだもの。

チョッチョイ子守唄やジュゴンの見える丘で入る沖縄民謡?の一節が

あまりにも素晴らしくて!沖縄の歌うたいだから当たり前なのかもだけど、

声がすごすぎて圧倒された。Coccoが東京を好きだと言ったことにも驚いた。

「東京は星が見えないとかいってる人は空を見上げることを忘れてるんじゃないか」

はっとした。地方からきた人が東京の悪口をあれこれ言うのは

たしかにおかしいのかもね。自分の意思で来ている人はなおさら。あ、自分もだ。

|

« CDJ07/08総括3 | トップページ | クラムボンという生き様 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109665/17682288

この記事へのトラックバック一覧です: 東京に世話になっている沖縄人としてはずかしくないように。:

« CDJ07/08総括3 | トップページ | クラムボンという生き様 »