« SIXPISTOLS12月編 | トップページ | CDJ07/08総括1 »

2007年12月28日 (金)

今年の締めにあたり

仕事も納めた!明日からCDJ3日間ライブ納めに入ります〜

今年の音楽・ライブについてのもろもろを。

【今年のベストCDアルバム】

「ALL!!!!!!」100s→今までよりぐっとコンパクトになった100s、入口も

さらっととっつきやすいのにものすごく深いところがさすがだった!

1曲あげるとするなら、やはり「ももとせ」日々の応援歌ですわ。

「ワルツを踊れ」くるり→クラッシックをベースにした、ということで

なんだか難しいものになっちゃったんじゃという不安がうそのように

とてもくるりらしい叙情的なアルバムでした。変なところもそのままに。

「アナーキー・イン・ザ・ムジーク」はロック×クラッシックの絶妙な不安定感を

醸し出してて最高だった。ライブで聴くとさらに素晴らしかった!

「遠距離恋愛は続いた!!ホフディラン→おかえり!ということもありますが、

単純にホフのいいところを全部つめこんだ最高のユーモラスと最高のPOPセンスの

結晶アルバムでいちいち楽しすぎたのよ!ホフをとりまく雰囲気も

休止前後とくらべると格段に良いしね(笑)「TOKYO CURRY LIFE」は名曲。

「Chaos In Apple」髭→髭ちゃんはまたしてもやってくれたなーと。これは

本当に過去最高のアルバム!聴いていてこんなにテンションが上がり脳みそが

気持ちよくぶっとんでしまうのはなぜなんでしょうか?髭中毒が

今年は何度も何度もおとずれましたわ。1曲はなかなか決めかねるが

今の気分は「ダブリン」かなー

「SUBUTERENIAN ROMANS」DOES→いやいや参りました、かっこよすぎでしょう!

ここまでバッサバッサと1曲1曲にキレのいいアルバムは他にはないよ。

DOESのすごさを急にものすごい実感した。これからもものすごく楽しみな

感じだわ。「修羅」はまさにキラーチューン!バッサリ斬られますわ。

・・・・・・以上、今年の5枚でした。

|

« SIXPISTOLS12月編 | トップページ | CDJ07/08総括1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109665/17508590

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の締めにあたり:

« SIXPISTOLS12月編 | トップページ | CDJ07/08総括1 »