« GO FOR THE SUN!!! | トップページ | 大遅刻・・・ »

2005年12月 4日 (日)

March.6

12月は怒涛のライブ月間。まずはじめは1日のCORNER/Fine Line。

このコラボシングルはかなり衝撃だった。ハスキンじゃんって思った。

最初はCORNERから。イッソンのゆる~いトークでまったり進行。

「走るナマケモノ」からの曲と新曲もありでのんびり。イッソンの声はやっぱり

すごい。高音を延ばしたときの。次、Fine Lineは初見。ドンドンのバンド。

テッキンはサポートベース。すごく良かった。ハスキンの流れのエモチックさは

ここで継続されていた。ドンドンはいそうでいない本当にいい声だなあとあらためて

感じた。埋もれて欲しくないな、とすごく思った。絶対がんばって欲しい。

最後に今回のスプリット盤の曲をやった。立ち位置がハスキンそのままで、

なんか複雑なのかうれしいのかわからなくなった。イッソンがハスキンの解散に

関しては話すと2日はかかるといった。今回のスプリット盤をだせてうれしい、

またこんな風に、たまにやってみたいとも言った。そして、この曲を一緒に

やれてうれしいといって「march」をやった。私はこのとき初めて、この曲が

ハスキン解散時の心境をうたったものだと気づいた。なんだかあの時のことを

思い出してせつなかった。そして、最後に「新しい風を、」といって

あの曲をやってしまった。泣いた。うれしいのだけどやって欲しくなかった気もして、

帰り道は複雑な気持ちでぐるぐるしてたが、ふと、「今日はスプリット記念で、

お祭りなんだから」と思ったら、案外すっきり納得した。

3日はスペイン坂にアジカンをみにいった。が、スタジオブース内にいれる時間は

限られており、(3分くらい?)動物園のごとく列にならんで流れるように終了。

しかもまだゲストコーナー前で一言も発しないまま(笑)キヨシがかわいかった。

|

« GO FOR THE SUN!!! | トップページ | 大遅刻・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109665/7453713

この記事へのトラックバック一覧です: March.6:

« GO FOR THE SUN!!! | トップページ | 大遅刻・・・ »