« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月31日 (土)

CDJ参戦中!!!その2

CDJもあとは今日の年越しを残すのみ!早い。楽しいことはすぐ過ぎるな。

2日目、昨日も楽しかった!なんと行く途中車に激突されたのだが、

うでに薄い青あざ程度ですんでよかった、危ないわ。

昨日の感動をいくつか連ねてみますと、

「サンボ、ぐっさんの一言一言がすごい沁みた~大画面でみるとホントすごい顔(笑)」

「イースタンユース、初見!すごい感動吉野さんが、これまたすごい形相(笑)」

「紅卍のぐだぐだっぷりが最高(笑)腰砕け。妻子まで出てきてびっくり!」

「DJハヤシ!あんた最高だよ!エアーミュージシャン(笑)あてぶり熱唱で

完全燃焼、今年一番笑ったかも。あと、フミちゃんって木村カエラににてるよね、

はじめて気づいた。」

「ペンパルズ、最後も本当に楽しかった!そうだよ、ペンパルズのライブって

いつも本当に楽しかったよな~って思った。CD持ってないしうたもサビしか

知らないのがほとんどなのにね。長い時間を設けてくれたスタッフもありがとう!」

こんなにDJブースに居座ったのは初めてだな。そして大好きなアジカンを

完全に見なかったのも(泣)28日のブリッツにいけたからいいか!

くるりで年越しだ!わーいわーい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月30日 (金)

CDJ参戦中!!!

カウントダウンジャパン、3日間(連続日帰り・・・)はじまりました!!

29日はみたいアーティストいっぱい(3日間の中で一番多い)で走り回って

暴れまわってくたくたなのでレポートは年明けにまとめるけど、

すごい楽しかったので今の感動を適当にぶちまけると・・・・

「フジ・ダイちゃんキーボードに乗った!!(池ちゃんの影響?!)」

「ギャー(奇声)スパルタ最高!!コウセイ、タイカレーを本番前に食うな~!!」

「民生、かっこいいわ!100%の力をだすのは1日のうち3分て!(笑)」

「アナログ・健ちゃんがものすごいテンションで登場!他2人はとっても冷静!!」

「スカパラで永積タカシ登場!わーい来てくれるとおもってたよ!楽しそう、タカシ!」

・・・・なんだこりゃ(笑)ベストアクトはスパルタです。コウセイも最高だって言ってたよ~

明日もあるしもう寝ます。DJハヤシが超楽しみっ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月27日 (火)

今年の自分的音楽シーン総括その2

今日は帰宅途中の最寄り駅付近で、スパルタのコウセイ&中山両氏を

お見かけしまして、「うわあ~会っちゃった・・・」って脳内で何度も叫びながら

帰ってきました。うれしかった♪

今年の5枚(アルバム)2005年に発売されたものに限ります。

*「DREAMER」SPARTA LOCALS・・・10月~12月の急激なスパルタ熱の

  上昇によりランクイン。「ラブソング」って直接的な表現や言葉で歌われるものって

  「なあに言ってんだか」と、しらけることが多いのだが、(遠まわしな表現でもって

  なんとなーく恋愛を彷彿させる曲は好き)スパルタは超どストレート、なのに

  ぐっとくる。特に「青い夏」を聴いてると、恋している時のせつなくてうれしくて

  苦しくて困る、なんともいえない感情がぐわっと湧き出てくる。そして、ライブで

  盛り上がる要因である、掛け声?合いの手?(例「燃えてるぜっ」ロックとハニーとか)

  これが半端なく良い(笑)いなたい様で、すんごいかっこいいのはウルフルズ以来

  じゃないかしら?全体的にテンションが上がる。名フレーズ「汗ばんだ手を握るよ」

  (FLy)これを聴いたときコウセイのことが大好きになったよ。

*「KISS」アナログフィッシュ・・・去年からずっと好き度合いのかわらないアナログ。

   ついにメジャーファーストアルバム。とにかく曲の「抜け」が良い。中身が濃いのに

   スッコーンと12曲聴けちゃう。アッパーな曲もダウナーな曲も

   健ちゃんと下岡くんのそれぞれ異なった世界観を歌う曲も、全部が

   「アナログフィッシュの音楽」となっていて、すごい強みを感じる。

   「Queen」はなんか聴いててほっこりして元気でる。「大丈夫、くるっちゃいない」って

   なんかうれしい気持ちになるのだよ。

*「FABFOX」フジファブリック・・・こちらも去年から好きなフジ。1stより断然好き!

    志村の頭ん中はどうなってんだ!っていうような奇天烈な妄想炸裂の歌詞と

    歌詞に負けず劣らず奇妙(いい意味でよ)なメロディが最高。へんてこなのに

    ものすごいキャッチーさを持っている。その逆で「SUNDAY MORNING」のような

    ポップでキャッチーで明るいのに途中でテンポ変わって一筋縄でいかない展開に

    なるものもあってすごいおもしろい。

*「OZ」100s・・・曲数も多いしものすごい世界観で中身が濃い、物語のようでも

    あり、絶妙な曲構成・曲順はさすが100s。抽象的な言葉でつづられる歌詞が

    こんなにみんなこころにぐっとくるのはなぜなんだろう?一義の自在なボーカル、

    そしてそれぞれの楽器が歌の世界観を完璧に表現してうたっているのだ。

   「100S」は「バンド」になったんだなあとすごく実感、そしてうれしかった。

    「扉の向こうに」は本当に強いうたでぐっとくる。

 *「てん、」クラムボン・・・やっぱり、クラムボンはすごい!と思う。毎回のアルバムで

    やってることが120度くらい違うのだが、一度も「今回はなんだか好きじゃない」

    って思ったことが無い。無限の可能性がある。今回はジャケもシンプル。

    中身もすごいシンプル。で、冷めているようで熱かったりもして。ミトくんと

    郁チャンのユニゾンあり、CDがモノラルとステレオの2枚組みだったり

    やってることが他と全然違う、スマートでクレバー。「インパクト」が一番好きかな。

    3人の音がそれぞれがそれぞれを挑発しあって向上していくような感じが、

    バラバラの個性が「バキっ」と固まって高まりをみせていく感じが圧巻!

あ、やっぱりというか「GO FOR THE SUN」の3バンドは今年ホントに良かったのです。

次点ではスネオの「カナシミ」も良かった。(スネオのアルバムの中では「スネスタイル」

以来の自分的ヒットでした)アルバムも今年は何十枚買ったのかわからんぐらいで、

タワレコのポイントもまた満点になったし。(今年2回目。散財しすぎ?)

次回は「今年の5PV(プロモーションビデオ)」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月26日 (月)

今年の自分的音楽シーン総括その1

立ち読みで音楽と人よんでたら、「今年の5枚」みたいなのを評論家さんたちが

選んでて、なんか自分もやってみたくなったのでやります。その1は

「今年の5曲」(シングル曲)です。2005年に発売されたものに限定。

*「彗星」Salyu・・・どこまでも自在に伸びる声に圧倒・爽快。とにかく気持ちの

            良い曲。なんども涙腺を刺激された。この曲でSalyuは

            幻想的な殻を破って、すごい開けた感じがした。

*「流星オールナイト」キャプテンストライダム・・・「ブッコロリー」の曲より

           幾分かストレートな表現にどっきり。せつなくてドキドキ。でも

           どこかいい意味で変なアニメ的テイストがやはりキャプスト。

*「THANKYOU FOR THE MUSIC」bonobos・・・聴いた瞬間やられた。

           ベースのおなかにくるリズムと浮遊ボーカルのバランスが最高。

           うたっても気持ちがいい。メロディがマイナーなのに楽しいのよねえ。

*「Superster」くるり・・・くるりはこういうテンポが速すぎないギターロック曲が

               私のツボにはまる。ロックフェスを彷彿とさせる歌詞がまた

               いい。夏のさわやかせつない思い出に浸れる。

*「JOY」YUKI・・・ダンスビート・四つ打ちのミドルテンポが最高に踊れる。

           とにかく楽しめるし、YUKIの歌詞の中でもかなりシンプルで

           わかりやすそうで深い。人生は楽しんだもん勝ちなんだね。

この5曲はかなりヘビーに聴き、口づさんでたな。

次回は「今年の5枚」(アルバム編)です。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005年12月23日 (金)

ロストとスネオ

18日はLOST IN TIME@東京厚生年金会館ライブにいってきた。

ホールのライブは久々。初・厚生年金会館。新宿駅から結構遠い。

ステージがとにかく上にも横にも広くて、中央にぎゅっとセットが組まれてた。

いつもの様にふつうにロストのライブだった。どんな場所でも変わらない。

LOFTとかでやっているのと全く同じスタンスで、ホールに負けない、というか

完全に勝っている!こういうバンドはなかなかいないよねえ。やっぱりすごいわ。

今回の泣きポイントは「am4:53」(なんでかわからんがこの曲やられると必ず

涙がでてくる)と最後の「冬空と君の手」だった。海北くんの声がホールに響き渡って

榎もっちゃんのギターがきゅいんきゅいん泣き叫ぶと鳥肌たちまくった。

源ちゃんの脱力MCがいい(笑)角(?)切っちゃったんだね。丸刈りだ。

終了後、物販にダッシュして1月7日のQueのチケットゲット(1桁台!!)

したら、また最後ステージに出てきてたんだね(泣)カウントダウンはあまり

見れなそう(髭ちゃんとTERIYAKIの間にちょこっと見る予定)だけど、

すぐまた会えるのね~フラカンも超楽しみ!

19日はスネオヘアー@Zepp会社をダッシュしてきたのに開演がおしまくって

走り損。あ、ドリンク代無かったね。やめたんだ?「カナシミ」の曲中心のセットリスト、

すごいかっこよかった!スネオじゃあなくて曲が!!(すいません)

「happy end」でワイヨリカのazumiちゃん登場。かわええなあ。半パンはいてる

大人の女の人って素敵。スネオが終始うれしそうににやにやしてておもろかった(笑)

久々の「JET」すごいよかった。暗くてダウナーな音が何重にもからまってぐるぐる

うごめいている。たまらん。最初と最後に「悲しみロックフェスティバル」を

持ってきたのがすごく良かった!この曲やばい、すごい好きだわ~。

スネオもカウントダウンあんまりみれないので(ちょっとみてグループ魂に行く予定)

この日に十分楽しませていただいたよ。年末は仕事をライブの予定にあわせて

量をコントロールしながらやってきたが(毎年年末はライブが多いからなあ)

たいへんだけどちょっと楽しい(笑)なぜか23~25の3連休に限ってライブ無いのね。

暇。クリスマスってなんですか?今年もハスキンの「青い点滅」をテーマソングに

大掃除しましょう(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月18日 (日)

魂!

13日はAX@グループ魂に参戦。半休とって(笑)だって遅れたくないじゃん。

相当前のほうでみれた。なんか収録してたみたいでカメラがうろうろ。

バイト君側だったから暴動が遠くてね(あんまり走り回ったりしないし。残念)

ゲストは郁ちゃんか向井かなあと思ったら清志郎!!

こないだM-ON生中継の矢野顕子ライブのゲストの際「ブーツに「ブーツ」って

書いてある」のを肉眼で確認!!ちょっとうれしかった。

それにしても、カヲル大人気(笑)おいしいよね、いちいち。

頭についた角?がぐるぐるまわりだしたら叫びだしたりするのが笑えた。

破壊さん、スリッパ前方にも投げてよね。欲しいなあ。

コール&レスポンスは楽しいな。「東北の魂」が聴けてうれしかった。

やると思わなかったから。まだ今年あと一回みれるんだなあ(CDJ!チケットきた!)

さて、今からLOST IN TIME@東京厚生年金会館行ってくるぞー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月11日 (日)

大遅刻・・・

9日はキャプテンストライダムのライブ@渋谷クラブクアトロだったのだが・・・

仕事が押しまくって終わったのが20時10分(怒)おーいなんだそりゃ。

新橋をダッシュ、銀座線をダッシュ、センター街をダッシュ(人が多すぎ)

結局4曲しか聴けず・・・キミトベ聴けたからいいか・・いやあ良くない!

キャプストが遠くに感じた。アルバムがでるそうで、楽しみだ。

来週のスネオライブ(月曜日)も不安ですな。間に合わせなきゃなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 4日 (日)

March.6

12月は怒涛のライブ月間。まずはじめは1日のCORNER/Fine Line。

このコラボシングルはかなり衝撃だった。ハスキンじゃんって思った。

最初はCORNERから。イッソンのゆる~いトークでまったり進行。

「走るナマケモノ」からの曲と新曲もありでのんびり。イッソンの声はやっぱり

すごい。高音を延ばしたときの。次、Fine Lineは初見。ドンドンのバンド。

テッキンはサポートベース。すごく良かった。ハスキンの流れのエモチックさは

ここで継続されていた。ドンドンはいそうでいない本当にいい声だなあとあらためて

感じた。埋もれて欲しくないな、とすごく思った。絶対がんばって欲しい。

最後に今回のスプリット盤の曲をやった。立ち位置がハスキンそのままで、

なんか複雑なのかうれしいのかわからなくなった。イッソンがハスキンの解散に

関しては話すと2日はかかるといった。今回のスプリット盤をだせてうれしい、

またこんな風に、たまにやってみたいとも言った。そして、この曲を一緒に

やれてうれしいといって「march」をやった。私はこのとき初めて、この曲が

ハスキン解散時の心境をうたったものだと気づいた。なんだかあの時のことを

思い出してせつなかった。そして、最後に「新しい風を、」といって

あの曲をやってしまった。泣いた。うれしいのだけどやって欲しくなかった気もして、

帰り道は複雑な気持ちでぐるぐるしてたが、ふと、「今日はスプリット記念で、

お祭りなんだから」と思ったら、案外すっきり納得した。

3日はスペイン坂にアジカンをみにいった。が、スタジオブース内にいれる時間は

限られており、(3分くらい?)動物園のごとく列にならんで流れるように終了。

しかもまだゲストコーナー前で一言も発しないまま(笑)キヨシがかわいかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »