« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月31日 (日)

ライブビート

28日はNHK-FM「ライブビート」ライブ収録にいってきた。

NHKに初潜入。ライブはクラムボンとMAXIMO PARK。

収録場所は学校の音楽室の天井をもっと高くしたような絨毯しきのスタジオ。

ミュージシャンの演奏するところと観客の間はロープで仕切られてるだけで

段差がなく。ぜんっぜん見えなかった・・・。

クラムボンライブ、4月の円形劇場は仕事で1時間強遅刻してくやしかった。

もうすばらしかった。「インパクト」「アンセム」「ホムンクルス」「バイタルサイン」

この「てん」の曲がもうとんでもなくかっこいい。あと久々「心象21」インストで

こんなに高揚感があってたのしくてわくわくするなんてねえ。最高。

この日は土用のウシの日で「うなぎ、食べるんだよ~」と郁ちゃん。前髪、

いつもよりさらに短く整ってた気がする(笑)結局人の隙間からかろうじて

ミトくんが見える感じでちょっと残念。あとMAXIMOファンが多かったみたいで

ノリがいまいちだった。外人ファンは日本人に厳しいよねえ。なんで?

MAXIMOPARKはもちろんはじめて。フジロック、グリーンなんだよね、すごい。

ボーカルの横分けスーツくんが変だった。曲はわりと好き。ノリノリの感じ。

最後のほうでやった曲が良かった。ライブビート、ラジオ最近聞かないから

忘れないようにしなきゃあね。

さて、今週末から「ROCK IN JAPAN FES」だ!!1年で一番楽しい行事。

わーいわーい!だらだら楽しむぞ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月24日 (日)

ライブ日和

23日は14時~ロストインタイムの新宿タワレコインストアライブへ。

最初13時に行ったらまだなんにもセッティングされてないから

一旦移動して25分後に再び行ったらもうすごい人があつまっててしくじった。

全然ステージみえなかったわ。アコースティックバージョンでのライブ。

「約束」がまた新鮮に感じた。うたの良さが際立ったライブだったな。

海北くんの声のすばらしさが店内に響き渡って。MCではまたしんみり語って

ましたが。若いのにね、いい事言うんだよね。「蛍」はホント名曲。

終了後、特典のサイン入りポストカードをロストのメンバーから手渡ししてもらった!

すごーい長蛇の列だった。ああいう状況って言いたいこと言えなくなるなあ。

「今日はおつかれさまでした~」って言ったら海北くんは「ああ~ありがとうございます!」

って頭まで下げてくれてうれしかったな。好青年だわ。時間があれば下北話でも

したかったな。結構舞い上がってたのか、握手した感覚が、ない。

その後、ラフォーレ原宿のバーゲンに行って、もみくちゃになって

「ナショナルスタンダード」で半パンを買って(家ではいたらサイズが小さかった・・・)

渋谷へ。パルコ内をうろついてると実家の母から電話。

「あんた、地震大丈夫?!」「えっ、何のこと~?」気づかなかったわ。全く。

クアトロへアナログフィッシュのワンマンライブへ。早く行ったのでかなり前の位置で

待機。下岡くん側右のスピーカーの前だったのだが、始まる前にずっとかかっている

曲がすごい好みで(CAKEでしょうか?)始まる前から気分が良くなってきたら、

7時前にアナウンス「地震ので交通機関に影響が出ているようなので30分

開演を遅らせます」そんな大ごとなんだ~と、でもさすがに1時間半待ちはつらかった。

アナログ登場!健ちゃんは今回のライブでのプレゼントタオルをさっそく客席に

投げたのにタオルはステージ左そでに・・・かっこわるい(笑)やっぱり彼には

天然の笑いの神がついてるな。「タウン」ではじまったこの日はなんか

すごく濃かった。2ヶ月潜伏して曲作りしてたアナログのライブ熱が爆発してた。

3人とも全力に変で全力で天才(奇才?)3人3様のスタイルで鳴らす音は

曲の熱量を何倍にも増殖させてたいへんな事になっていた。

やばい、すごすぎる。何回思ったことか。この日は特に健ちゃんの声が

すごくいい声だった。太く、くっきりはっきりした声で歌われる歌はものすごく

わけわかんない説得力があった。州ちゃんはめがねを何回も飛ばし、

片方のレンズが無くなる!ほどの激しく楽しげに叩いてたし、

下岡くんの淡々と冷静かつ妖怪のような不思議なバランスのボーカルも

楽しく聴こえてしょうがなかった。アナログのライブは音源化されていない

曲も半分近く演奏されるのだがそのどれもが良いなんて、すごい。

秋に発売のアルバムはとんでもない名盤になるんだろうなあ。早く聴きたい。

なんか楽しさの度合いが濃すぎてライブ時間が1時間半ぐらいだったのに

大満足してしまったよ。アンコール最後の曲が素敵なラブソングだったのが

また、アナログ好きの加速につながったような。(健ちゃんがタイトル言ったけど

例のごとく舌がまわってなくて何言ってるかわからんかった・・)いい日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月23日 (土)

サマージャンボおばけナイター

16日のbonoboのライブは行こうか迷ってるうちにSOLDOUTしてた・・・。

18日はキャプテンストライダム企画「サマージャンボおばけナイター」へ。

POLYSICSと2マン。ポリはロッキンオンフェスで何回かみかけているが、

いつもちらっとみる程度でこんなにがっつりみるのは初めてだった。

(ハヤシのDJは毎年の楽しみだけど。昨年のRJF1日目は彼のDJで締めたし。

うっかり(笑)今年はリップと真心とかぶってるからみれないなあ、残念)

自分たちのスタイルを徹底しているのもおもしろい。おそろいの赤つなぎに

四角いサングラス。ぴこぴこ電子音が飛び交い、ハヤシは高音で叫びうたい、

無表情なロボットと化したカヨちゃんはキーボードをチョップで叩き、

時にチアリーダーのポンポンを持ち、縦笛を吹き、キュートなうたをうたい、

でも、無表情!最高。轟音で次から次へ曲をまくしたてて、ハヤシのなぞの

MCもはさみつつ(この人、ホント変だわ~おもしろすぎる)嵐のように去っていった。

激しかったあ、おもしろい!暑い!

そんなんで、ポリが強烈だったために、次のキャプストはなんだか地味に感じて

しまったのがおしい。前半にメジャーで盛り上がる曲をばーっとやってしまって、

(肉屋の娘とかマウンテンとか)どうすんだ?とかおもったら新曲をたくさん

やってくれた。宇宙っぽいアニメのテーマソングにしたらよさそうな曲が良かった。

新しいんだけどキャプストらしくて。あと5月のライブのとき聴いた「♪君と手~を

つな~いでた~い」ってうたがかわいくて好き。もりよしは口あけてうれしそうに

ドラムを叩いていたよ、今日も。今日は永友氏側にいたので梅ちゃんは

あんまりみれなかったけど「犬の生活」では今日もさえた吠えをきかしてくれたねえ。

永友くんはかなり激しく動いてて汗だくだった。おもしろMCは今日は控えめ?

「フランクフルト」やっぱ凄い好きだなあ。踊れるし!最後は一本締めで終了。

限定Tシャツ売り切れた。残念。9月のワンマン楽しみだ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月16日 (土)

アフロが飛び込んできた日

いやあ、100Sって最高!!14日はAXで100Sのライブ最終日に

行ってきました。ファンサイトでチケットを譲ってもらって(Mさんありがとう!)

番号も200番台で早くて、仕事も早く終わらせることができて2列目くらいで

見ることができた。ステージは真ん中のマイクスタンドを囲むように

それぞれの楽器がセッティングされていた。天井から吊り下げられた赤い

照明がぼんやりついたり、消えたり。なんともいえんおごそかな雰囲気。

ホーンデットマンションみたいな感じだった。

ライブ開始と同時にみんながどっと前に押し寄せてきてかなりぎゅうぎゅうに。

「ZEN」で神聖なはじまり、ドキドキした。そこから「Honycom~」へ。

か、かっこいい!!ドラムのリズムがかずよしの高音とからんで最高。

3年前はじめてみた100Sのライブは、まだできたてほやほや、不安定な6人集団

を「この日を待ってた!」とばかりに温かく見て楽しんでるお客のパワーのおかげで

すごくいいライブ空間になっていたと思ったが、3年たった100Sは「OZ」という

ものすごい濃い音楽を作り上げ、AXのあの空間・お客を完全に100Sの世界に

引きずり込んでいた。特にライブの前半はそういう感じで「Sonata」とか、

すごかった。「セブンスター」をうたう、かずよしの表情がすごく良かった。

彼のするどく虚を見据えるようなあの目をじっと見つめてしまった。

「扉の向こうに」この歌は自分をほんとに前へ向けさせてくれる歌で、

すごく好きだ。いろんな事を考えてしまう。身近なこと、世界のニュース・・・

「このうたはやっぱり泣いてしまうんだよなあ」とかずよしが言った。

「扉~の(演奏)後はなかなか回復できないんだよ~」とまっちい。

100Sにとってもすごく重くて大切な曲なんだなあ。池ちゃんの失笑・爆笑MCで

徐々にライブは内面世界からみんなに開けていく陽へチェンジ。

もう、中盤からテンションが上がり壊れてきた100Sが最高にかっこよくて、

もう、本当に楽しかった!!「A」の小野ちゃんギター最高!

まっちいと小野ちゃんが向かい合ってうれしそうにギターを鳴らす。

かずよしは今日本当に声が伸びやかですんごく良かった!楽しそうに

ぴょんぴょん跳ねてるし!池ちゃんのアフロはライブが進むにつれ

かなり膨張(笑)あの風貌で繊細な美しいキーボードを弾いたり、

次の曲では足でキーボード踏んで立ち上がってたり、この人は(笑)

なんて素敵なんだと思った。後半はクレイジー度が加速しまくりで!

ステージをふらつくギター2人(笑)かずよしのボーカルは冴えまくりで

池ちゃんは客の中にダイブ!!びっくりして笑いが止まらなかったよ。

かなり近くにとんできたからアフロ触れた!ちりちりしてたなあ。

でも支えてた人たち、重かっただろうなあ(笑)マネージャー苦笑いだった。

ぱってステージみたら、トムが超笑ってた。100Sメンバーも本当に楽しんで

いるのがうれしかった。AXはみんな一体になって壊れてた!最高!

アンコールは「魂の本」をやった!すごい!私が2nd「太陽」を買うきっかけは

この曲(1曲目)を視聴して気に入ったから。かずよしとの出会いの曲だ。

うれしかった~。最後はみんなで「バハハイ」を4回?うたった。ありがとう!

本当に楽しくてにこにこのメンバーとお客たち。なんて幸せなんでしょうか!

いまのところ今年最高のライブになった。

うわあ~ロッキンジャパンフェスが待ち遠しくなってきたよ~!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月10日 (日)

ナノムゲンフェス

疲れがたまってるな~9日はアジカン主催「NANO-MUGEN FES 2005」

横浜アリーナへ行ってきました。妹はオフィシャルTシャツを買うため

先に行っていてのだが12時前に「目の前で先行販売切られた・・・」と

怒りの電話、(その後始まる前に会場内で買えたけど)そう、すごい人だったのだ。

入場するまでもかなり時間がかかって列に並ぶために

会場のまわりをぐるぐるまわったりして。今回は大規模だ。

フェスでもらうのと同じ形態の首からさげるガイドブック。ストラップがかわいい。

ステージは2ステージで右と左にあって交互に演奏。

1組目はスパルタローカルズ。ライブをみるのは2回目。

2年前のスペシャ列伝でそのときの対バンもアジカンだった。

2年前はどろっとした感じでバックホーンみたいな印象だったが

ここ1年くらいでへんてこ感覚はそのままにつきぬけた明るさが全開で

いいなあと思っていたので楽しみだったのだが、いやあ最高!

踊りまくったし、「トウキョウバレリーナ」きけたし!「FLY」のうってかわった

スパルタ流バラードがあの広い空間に流れ込んでくるのがすばらしかった。

コウセイ氏のMCも笑えた。「おまえらもっと酒のんで下呂吐け~!」って・・・

あの、ねちっこい歌声は素敵です。「ウララ」のなんともいえないピースフルさは

スパルタにしか出せないね!すごい良かったわ。

次のAステージがお目当てのエルレだったので最前の方へ移動。

かなりの人ごみにでぎゅうぎゅうになった。

次は反対側のBステージで「FARRAH」ベースの女の子がかわいい。

全体的にすっと聴きやすい曲ばかりですんなり楽しめた。

そして「ELLEGARDEN」!!4人が出てくるなりものすごい歓声、押される。

「SUPERNOVA」から早速上げ上げのテンション!周りの人みんな楽しそう!

エルレはツアー中で今日もかなり強行スケジュールを縫って参加のためか

細美ぃの声がガラガラでだいじょうぶかあ?と心配だった。が、それより

楽しさが増すばかりでやばかった。MCのなんともいえない親近感が好きだなあ。

「あいつらほんと普通なんだよ(アジカンのこと)でもさあ、こんなでかいとこで

やれるんだから、なんかさあ、変えれるかもしれないよなあ!!」みたいなことを

言ってて元気でた。「Red Hot」なんて楽しすぎてわけわからんくらいだったし。

「Make a Wish」のとき細美ぃは声が出なかったのか、生方君が歌って、

みんなもうたった。私は歌詞しらんから歌えなくって残念だった。

最後ギターをほっぽり投げて先にステージへ帰った細美ぃが心配だったが

(なんか気に入らんことがあったか・・・?と思って)日記みたらあの時泣いてたそうだ。

なんかすばらしくて感動した。

このあと食事でもするか!と思って食事コーナーに行ったらすごい人だかり。

みんな考えることは一緒だな・・・自販も売店も人が並びまくってこの時間は

水を買うだけにした。途中から「INDASTRIAL SALT」をみた。

女の子2組+バックバンドの編成。「ループ&ループ」のカバーは間に合わず

聴けなかった。U.Kバンドが続くのでなんかステージ前のブロックがわりと

すいててやばいよねえと思った。次の「DOGS DIE IN HOT CARS」は

前のほうでみた。曲調が多彩でU.K勢の中では一番気に入った。ボーカルの人

おっちょこちょいなのかギターのシールド抜けちゃったり、歌詞間違えちゃったり

してたけど。終わって、やっと食事にやはり次がテナーだからすいてた。

「NANO-MUGEN海軍カレー」を食べた。500円のわりに具がすくなかったが

おいしかったのでよしとしよう。急いでたべて「ストレイテナー」を見にいく・・・が

前のブロックが全部満員で入れなかった。すごい人で全然見えなかった。

一応アリーナの上にスクリーンがあるのだが映像が悪くてよく見えないし。

なんかここからどっと疲れてきて大好きな「KILLER TUNE」で踊ったら

もうへとへと。テナーのファンは当然アジカンファンなので前ブロックから

出る人などいなかったらしく結局前でみることはできなくなった。

次の「ASH」の前、みかねたゴッチがステージに登場。

「みんな、ASHだよ!もっと前にきてみようぜ!」そうだよねえ、

こんな機会ないよね!と前ブロックに移動。最前真ん中ブロックは

ASH好きのファンで結構埋まってきた。楽しかった。

ノレて踊ってでも疲れがでてきたわたしはジャンプができず・・・

キャノン砲でちょっとテンション上がったけどね(笑)

最後のアジカンなんてもう全然見えない。疲れもピークで

こんなしんどい状態でアジカンみるのは初めてだったな。

こんなに疲れていてもこぶしは振り上げ、ジャンプをして、

曲間ごとに「しんどい・・・」とこころの中でつぶやき。

「ブラックアウト」はいままでで一番感動した。

「Re:Re」~「N.G.S」の流れのセッションはとにかく踊れて楽しかった。

アンコール、「目にみえてる世界は変えられる」ゴッチ名言。そうだよね、

自分次第でいくらでも変えられる。なんか感動。ありがとうゴッチ。

いろいろあって疲れたけどこのイベント、ステージでのバンドの演奏には

なんの不満もなくすばらしかったです!!

今日はずっと家で疲れを引きずりだらだらでした。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年7月 3日 (日)

バーゲンとロスト

7月、バーゲンのはじまり。ボーナスも入ったことだし、買いまくり~!

と、思ったのに。渋谷をうろついていろいろ見てたら優柔不断ぶりを発揮で

なんも買えなかった・・・まあ、今日のメインはバーゲンじゃないし、明日もあるし。

リキッドルームebisuでロストインタイム見に行ってきました。

恵比寿に移ってからはここでライブを見るのは初。

前にここの前で向井秀徳氏を発見したなあ。(元ロッキンオンの鹿野氏の

イベントの日だったな、あれは)今日はかなり見やすい位置を確保できた。

今日はなんかすごかった。鳥肌たちまくった。涙腺も刺激されまくったよ。

ロストのライブって、メンバーは激しく演奏してるのにお客はそれに乗っかって

暴れたりはしない。なんかじっくり聴いてしまうんだよね。きっとみんなそうなんだろう。

海北くんの声は凄いなとあらためて思う。うまい、なんて簡単なもんじゃない。

「うあぁ~~あーーーぁあ~~」(なんじゃいこれは(笑)文字では表現できない

シャウト?)これだけでなんか人の心を揺さぶるってすごいわ。

「呼吸」や「声」の歌詞をかみしめるように聴いてたらホント泣きそうになった。

いろんな人の抱える暗闇や夜の部分を描いてそこから朝をみつけようとする

うたを鳴らすロストインタイム。もっと多くの人に届けばいいのに。

「何百万枚も売れなくっても飯は食えます」なんて言ってたけれども。

新しいシングル「蛍」がやっと来週でるね。インストアも楽しみだわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »